プロミスの金利の計算方法

プロミスでは定められた金利を用いて、利息の計算が行われます。使われる計算式は、日割り計算です。この会社に限らず、ほとんどのキャッシングサービスで採用されている方法になります。
利用中の人であれば、現在自分に適用されている金利を用いて計算するだけで済みますが、これからプロミスを利用しようと考えるなら、キャッシングの種類によってそれぞれ率が違うことを確認することから始めます。
一般的なフリーキャッシングなら4.5%~17.8%、おまとめローンや自営者カードローンでは6.3%~17.8%、目的ローンだと6.3%~16.5%です。この間で決まります。
具体的な計算式は、借入残高に年利をかけ、365日で割って借入日数をかければ、利息が算出されます。うるう年であると、366日で計算されます。
借入日数というのは、借りたその日から経過した日数です。計算式を見ればわかるとおり、借入日数が多いほど利息が積み重なっていく仕組みになっています。できるだけ早く返済を済ませるのが、キャッシング利用のコツです。1日でも早く返済して完済したり、借入残高を減らす努力をすれば、負担する利息が少なくなります。
プロミスでは返済期日に間に合わなかった場合に、期日の翌日から20.0%の金利で遅延損害金が発生します。この遅延損害金の計算も、日割り計算で行われます。
キャッシングと遅延損害金はわけて計算されますので、支払う利息が大きく膨らんでしまうようになります。
プロミス審査基準とは?審査前に押さえるポイント教えます。はこちら

Comments are closed